本文へスキップ

のぞみ会は変形性股関節症の患者会です。

電話でのお問い合わせはTEL.03-5272-0745

〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-33-13 千年ビル607号室

会報「のぞみ」のバックナンバー


  最新号125号                            

バックナンバーの主な内容


No. 124(2017・12・15)  

    寄稿 変形性股関節症の痛み
        〜保存療法と手術療法 どう選べばいいか〜

               川崎医科大学附属病院 整形外科 三谷 茂 先生 

「できれば手術をしないで、保存療法でいきたい」という方が多いのではないでしょうか。手術を先延ばしにして、いいタイミングを逃していませんか。今回は「積極的保存療法」を実践していらっしゃる三谷先生に保存療法と手術のタイミングについて伺いました。

先生のプロフィールについては会報をご覧ください

この要約では、寄稿内容を箇条書風に記しました

■はじめに

 変形性関節症の病期「17歳から41歳までのレントゲン変化」を示して、寛骨臼形成不全を時系列に10項目の説明

■痛みの感じ方とその原因

 痛みの代表的な原因について詳しく紹介

■保存療法ってどうする?

保存療法の基本は以下の四つ

1)関節の動きの維持(ストレッチなど)、2)有酸素運動(散歩、水泳、自転車)、
3)筋トレ、4)体重のコントロール

・筋トレでは、大腿四頭筋と腹筋の等尺性運動(関節を動かさずに力を入れる運動)と等張性
  運動(関節を動かしての運動)について図示・説明

・股関節にかかる力について、動作(歩行、ジョギング、階段の昇降、自転車こぎなど)と
  負担(体重の何倍か)を表示

・痛みが出る運動は控える判断をする

■保存療法→手術療法のタイミング

 保存療法にこだわり過ぎないことが重要。手術に踏み切る例を4例説明

■おわりに
  「痛みを忘れてやりたいことができる」が目標となります。

(付)川崎医科大学附属病院 岡山県倉敷市松島577 Tel.:086−462−1111(代)


病院訪問記

  北里研究所病院(東京都港区)に山田さん(69)を訪ねて
  今年216日両側同時人工股関節置換術を受けられ、術後22日になる山田さんを訪問
 しました。 


東京都障害者団体定期刊行物協会の総会報告
  514日に戸山サンライで開催。会報をご覧ください

支部本部連絡会のご報告
  20171021日(土) 13時〜 於 戸山サンライズ
  討議内容、支部本部連絡会参加者などについては会報をご覧ください

電話医療相談 「その後」
  電話医相談を利用された3名の方に、その後の話をお寄せいただきました。まだ利用された
 ことのない方の参考になれば幸いです。
会報をご覧ください。


                                 (文責SK)

このページの先頭へ 


No. 123(2017・10・3)

  医療講演会 人工股関節再置換手術の現状と課題
     〜変形性股関節症の生涯にわたる治療について考えるために〜

             日本赤十字医療センター 骨・関節整形外科部長 伊藤英也 先生 
                           2017.6.24 於:戸山サンライズ

先生のごプロフィールについては会報をご覧ください。
 この要約では先生の話された事項を中心に記載しました

■人工関節はどのくらいもつのか
■変形性股関節症の病態と治療
■変形性股関節症の病期進行
■変形性股関節症の治療方法
 □保存療法
 □手術療法
■人工股関節の種類
■人工股関節の効果と問題点
■人工股関節の研究と開発
  @耐久性の向上 A合併症 B低侵襲化
■再置換が必要となる原因
  インプラントの弛み、感染、脱臼、骨折などの原因のうち、約6割が弛み
■インプラントはなぜ弛むか

  ポリエチレン(PE)ライナーの摩耗で骨が溶ける(骨溶解)のメカニズム

 「PEの摩耗→PE紛をマクロファージ(貪食細胞)が食べたとき→サイトカインという物質を体内に出す→これが骨を溶かす」

 「近年はPEライナーにクロスリンクPEを使用しているので、PEライナーの摩耗による弛みはほとんどない状況」

■感染の治療と再置換
■脱臼と再置換手術
■骨折と再置換手術

※再置換のまとめ
■再置換はどういうときに必要か
 「早急にした方がいい場合」「できれば早い方がいい場合」
■再置換の問題点
■変形性股関節症の生涯にわたる治療

■質疑応答(先生との一問一答) この要約では質問項目のみ記します
☆自骨手術から人工股関節へ  ☆人工股関節の耐用年数 
☆ライナーのみの入れかえ手術 ☆感染症の痛みについて
☆定期健診以外の受診 ☆アレルギーと麻酔剤
☆感染症の心配 ☆再置換後の脚の痛み
☆リウマチ発症の場合の手術 ☆運動強度の限界について
☆骨バンクの適合性について  



NPO法人のぞみ会 第15回総会(2017年)

  日時 2017623日(土)13時  場所 戸山サンライズ(東京都新宿区)
  出席した会員数  本人出席96名 書面評決1392名(会員数 5337名)
  理事長の挨拶後、各議案が原案通り承認可決


                                 (文責SK)

このページの先頭へ 

No. 122(2017・6・8)

       寄稿 「骨バンク」 って?

                  北里大学医学部 整形外科学 準教授   内山勝文 先生

先生のごプロフィールについては会報をご覧ください。

はじめに

 再置換術は初回の手術より難しく、さらに骨の欠損がある場合には「骨移植」が必要になる可能性もあります。ここでは同種組織移植(自分以外のヒトの骨や靭帯の移植)についての、わが国の歴史、同大学病院で行ってきた「骨バンク」の活動、同種移植組織の採取・処理・保存、同種移植の実際について述べます。

 この要約では、主に項目のみを記載し、詳細は会報をご覧ください。

1)わが国における骨移植・骨バンクの歴史
 同大学病院では1971年病院設立と同時に整形外科内に九州大学方式による北里大学病院骨バンクKUBBを設立しました。

2)骨移植の種類と問題点
  @自家組織(自分の骨や靭帯)の移植
  A人工材料による補填
  B同種組織(他人の骨や靭帯)の移植

3)同種骨・靭帯組織移植の採取・処理・保存
  @滅菌された工具により不必要な組織を可能な限り除去する
  Aクリーンベンチ内の超音波洗浄
  Bプラスチックバッグで三重包装しプロダクトナンバーを記載して製品化する

4)骨移植の実際
  @骨盤側における骨欠損の再建
   −膝の部分の骨による骨盤側の巨大な骨の欠損の再建
  A大腿骨側における骨欠損の再建
   −人工股関節(ステム)に同種骨を骨セメントで固定した人工股関節を作製し、
    残された大腿骨に挿入する

5)おわりに
 近年、人工股関節の成績が向上し、海外では30年間は問題なく使用できるともいわれる時代になりました。一方で骨粗鬆症の進行に伴い、人工股関節周囲の骨が弱くなり、些細な外傷で人工関節周囲に骨折をきたすことがあります。また弱い菌の感染により、大した症状がなくても、時間とともに骨が溶けることがあります。人工股関節の術後は、症状がなくても定期的な経過観察が必要です。


会報編集担当者よりお礼とお願い   詳しくは会報をご覧下さい

第43回理事会報告   詳しくは会報をご覧下さい

*皆様からの原稿を募集します*
  テーマ「早く手術をしたい! けれど・・・」
  テーマ趣旨や応募要項などは会報をご覧ください。
  原稿締切915()  ペンネームでもOK

  たくさんのご原稿をお待ちしております。


「変形性股関節症ハンドブック」改訂版のお知らせ   
  変更になりました「変形性股関節症とその治療法」を掲載しました。
 詳しくは会報をご覧下さい

体験記   
  両脚同時に手術  東京都 後藤さん(50歳 女性)


                                 (文責SK)


このページの先頭へ 
No. 121(2017・4・4)

  特集 「電話による医療相談」 ぴっくあっぷ 

                       2016年5月 〜 12月                              

ここでは相談者の始めの質問のみ掲げます。先生との一問一答については会報を参照願います。先生と相談者の了解のもとに掲載しました。相談して頂いた先生のお名前と所属病院名については会報をご覧ください。


相談に答えてくださった先生方 (順不同)

飯田 哲 先生 (松戸市立病院)
中村 正樹 先生 (帝京大学病院)
谷口 直史 先生 (山梨大学病院) 
矢吹 有里 先生 (済生会中央病院)
早田 浩一郎 先生 (東京女子医大東医療センター)
石井 研史 先生 (さいたま赤十字病院)
山本 謙吾 先生 (東京医科大学病院) 


1)    現在右脚に痛みがあり、左脚との脚長差も2センチくらいあります。骨切り手術は出来るでしょうか。 Mさん(49歳・女性)東京都
レントゲン写真あり
2)   9年前に右脚人工股関節置換術をしましたが、退院直後から歩き出すときに痛みがあります。 Aさん(76歳・女性)鳥取県
3)   2010年4月に右脚、2012年に左脚の人工股関節の手術を受けました。脚長差についての質問。 Kさん(69歳・女性)
山梨県
レントゲン写真あり
4)   人工股関節の手術を勧められていますが、膀胱炎を繰り返して心配です。 Sさん(65歳・女性)
東京都
レントゲン写真あり
5)   今年の夏、左脚を人工股関節にしました。主治医に右脚も来年の春ごろに手術しましょうといわれました。 Bさん(65歳・女性)
東京都
レントゲン写真
6)   CTの検査の結果、筋肉が固まって、右脚の変形のため人工股関節は無理と診断されました。 Wさん(63歳・女性)
栃木県
7)   年齢が高くなったので、手術を迷っています。 Iさん(78歳・女性)兵庫県 
レントゲン写真あり


電話医療相談利用者数(20165月〜12)

年代別人数(人)

 20代 30代  40代  50代  60代  70代  80代  計 
 1 10  22   6 42 

都道府県別人数(人) 
北海道: 1 岩手:1 山形:1 栃木:2 東京:16 埼玉:3 神奈川:3
千葉:2 茨城:1 静岡:1 滋賀:1 岡山:1 兵庫:3 愛媛:1 鳥取:1 
京都:2 奈良:1 香川:1    

電話医療相談は、会員は無料で股関節専門の医師と相談できる機会です。積極的にご利用下さい。


体験記

「のぞみ亭」で背中を押されて 東京都 M・Sさん(63歳・女性)


本部からのお知らせ

※電話医療相談を利用された方へ
※表紙を飾る写真を募集しています。
※体験記を募集しています。



のぞみ会2016年会員数



                                 (文責SK)


このページの先頭へ 
No. 120(2017・2・2)

    寄稿「人工股関節再置換術の骨移植」

            我汝会えにわ病院 北海道恵庭市 整形外科 安部 聡弥 先生
                  
 私たちにあまり知られていない「骨移植」について、えにわ病院の安部先生にご執筆いただきました。先生のプロフィールについては会報をご覧下さい。

 この要約では項目とキーワードを記載しました。

 1)はじめに(概略)
 
 日本人工関節学会THAレジストリー統計によれば、2015年度では再置換術を含む総手術件数は70,647件。再置換術では初回の手術時と比べて、関節内の状態の変化で骨欠損があり、骨欠損が広範囲で、新たなインプラントを固定できない場合、骨移植により欠損部を補強する。再置換術の56%に骨移植を行い、その8割が同種骨(他の人から採取した骨)を用いています。

 再置換での骨移植について、同種骨移植を中心に当院の実際を述べます(骨移植・ボーンバンクの取り扱い方法は日本整形外科学会の定める指針に従う)。

 2)同種骨移植とは
 骨の欠損もしくは損傷している部位に、ほかの人から採取され、適切に処理・保存された骨(同種骨)を移植し、機能再建をはかることです。

 3)骨移植(どのような骨が使われるか)
 人工股関節手術を行う時に大腿骨頭を切除しますが、この骨を加温殺菌処理した後に冷凍保存し、必要時に備えます。

 4)ドナー選択の基準
 ドナーとは骨を提供してくれる方の事を指します。

 5)移植骨の処理
   
 6)骨移植の実際(大腿骨側)
 インパクション骨移植(チップ上の骨をつき固めた)を用いた再置換術
 塊状(ブロック状)骨移植を用いた再置換術
 
 7)同種骨移植での合併症
 感染と移植骨の圧潰(あっかい)

 8)同種骨移植を用いた再置換術の成績

 9)今後の展望
 詳しくは会報をご覧下さい。

体験記

  「変化した入院体験ー5年間の進歩ー」    東京都 Y・Sさん (59歳・女性)
  「決断とタイミング」 千葉県 寺村さん(65歳・女性)

募集原稿  変形性股関節症と寒い季節の過ごし方
 
 両脚人工のサイボーグは冬の生活もかわりません  富山県 コバース茂山(73歳・男性)
 「ポケットにカイロ」と「ながら運動」  山口県 下田さん(74歳・女性)
 湯たんぽと体操   大阪府 金子さん(50代・女性)
 ボアのクッション  東京都 S・Mさん(63歳・女性)
 
<第42回理事会報告>
 
 2016年11月26日理事14名(書面表決者2名)と監事2名が出席し本部事務所で開催
 主な決議事項
   第1号議案 支部本部の細則の見直し
   第2号議案 天災などの災害について
   第3号議案 助成金について
   第4号議案 役員改選
   第5号議案 寄付について
 詳細は会報をご覧下さい。

支部本部連絡会のご報告
 
 2016年11月13日 13時 から 於 戸山サンライズ

 討議内容
   1)埼玉支部からの議題
   2)千葉支部からの議題
   3)関西支部からの議題
   4)本部からの議題
   本部からの確認事項
 詳細は会報をご覧下さい。

仲良く、楽しく、かもめの会の紹介
 
 かもめの買い世話人  田中さん
 のぞみ会が発足した1986年の4年後に世田谷地区に発足。会員数は現在36名。
 発足当時はほとんどメンバーが温存療法でしたが、今は7割が人工股関節。
 インストラクターの指導で約1時間の温水での運動、ストレッチを中心に和やかに活動しています。終わった後では喫茶コーナーで談笑タイムです。大切な情報交換の場になっています。

本部からのお知らせ

皆様本部が取り上げて欲しいテーマを随時募集しています。
表紙を飾る写真を募集しています。
体験記を募集しています。


                                 (文責SK)
このページの先頭へ 
No. 119(2016・11・17)
               

     NPO法人のぞみ会30周年記念講演会  2016.6.19  於:戸山サンライズ

  「股関節症と向き合う〜保存療法から手術まで
                (運動療法も含めて)」  

     北里大学北里研究所病院 整形外科 総合スポーツ医学センター長 金子 博徳 先生
                   

 治療は医師が、リハビリは理学療法士と作業療法士が、という分担作業でなく同病院では「治療からリハビリまで」をチームで行っています。変形性股関節症の治療方法からリハビリを継続的に行うことの大切さまでを話していただきました。

 先生のご略歴については会報をご覧下さい。

 この要約では項目とキーワードを記載しました。

 1)変形性股関節症について

 2)保存療法
   ・痛みと可動域のコントロール
   ・運動療法と減量
   ・薬物療法:ロキソニンやセルコックス、ボルタレンなどの消炎鎮痛剤の他に
          トラムセット、トラマールなどの慢性疼痛に効く薬がある。
   ・サプリメントは効果があるか
   ・ロコモティブ症候群(運動器不安定症候群)

 3)手術療法
   ・股関節鏡の手術
   ・骨切り術(RAO、CPOという寛骨臼回転骨切り術)
   ・人工股関節置換術(THA)
      主な合併症:@出血、A感染、B脱臼、C神経損傷、D緩み、E血栓症
      MIS(最小侵襲手術)のアプローチ:
        @DAA(前方仰臥位)、AAL(前側方側臥位)、BALS(前側方仰臥位)

 4)人工股関節置換術前後のリハビリ:リハビリテーション科 新井先生のお話
   @当院のTHA前後のリハビリ、A手術前、手術後3ヵ月の身体機能の変化、
   Bどのようなリハビリをするか

 5)永久保存版「ロコモティブ症候群」予防のため:多数の写真と解説あり
  
 6)リハビリのまとめ:股関節を強くするためには!!
   @確認する(運動した後のからだの変化確認)、
   A感じる(どこの筋肉が伸びているか、どこの筋肉を使っているかを感じる)、
   B続ける、ことが大切です!

 7)本公演のまとめ

 8)講演後に8件の質疑応答があり、会報に一問一答形式で掲載されています。


体験記

  「5回の手術を受けて」    東京都 風間さん (68歳・女性)
  「生きがい・・・」 東京都 大西さん(本誌本号の表紙絵50代・女性)


毎日ムック「病院最前線2017」にのぞみ会が紹介されました。
 
 去る7月7日に「毎日ムック」編集部が来所されインタビューを受けました。
 本誌は既に販売されています。会員の皆様のお役に立てる内容だと思いますので、是非ご一読ください。


支部便り
 
 関西支部及び中部支部
 支部便りは会報をご覧下さい。会員には該当支部から事前にお知らせがあります。


御礼  
九州・山口支部長 深野さん

 たくさんの義援金(総額113,532円)有難うございました。
  〜 九州・山口支部会員からのお礼の手紙も併載 〜

         

                                 (文責SK)
このページの先頭へ 

No. 118(2016・8・25)

 寄稿 「人工股関節周囲の感染について」

             順天堂大学医学部付属練馬病院 整形外科 副院長 野沢雅彦 先生

 先生のご略歴については会報をご覧下さい。

 この要約では項目を中心に記載しました。詳しくは会報をご覧下さい。

 1)はじめに

 2)人工股関節置換術の合併症について
   @エコノミー症候群は予防法が進歩していますが、注意しなければいけません。
   Aまれに後方あるいは前方に脱臼する場合がありますが、特定の肢位で誘発されることが
    ありますので、主治医に注意しなければならない肢位を聞くと良いでしょう。

 3)人工股関節周囲の感染について
   @日本整形外科学会学術研究プロジェクト調査で、糖尿病を合併している場合、手術後の
    感染症の発症率が2.7%であったと報告がなされています。手術前に糖尿病の
    コントロールをしっかり行っておくことが重要です。
   A関節リウマチの薬を飲んでいるからとむやみに感染の心配をする必要はないと
    思います。

 4)症状と診断
    人工股関節全置換術後の術後感染症の発生は、一般的には、手術後から発生するまでの
   時期によって手術後3ヵ月以内の早期型、3〜24ヵ月の遅延型、24ヵ月以上の晩期型に
   分類されることが多いです。
   感染発生時期による症状と検査所見
   
  症状  検査所見 
早期  発熱、創部の発赤、腫脹、離解、痛み  赤沈の亢進、CRPの上昇、白血球の増加。浸出液の最近培養検査(陽性のことがある)
 遅延型 創部からの滲出の継続、創部の発赤、痩孔の形成、継続する痛み 赤沈の亢進、持続するCRPの上昇、浸出液あるいは関節液の細菌培養検査(陽性のことがある)、場合によって人工関節の緩みの出現 
 晩期 痩孔の形成、股関節周囲の持続する痛み 赤沈の亢進、持続するCRPの上昇、浸出液あるいは関節液の細菌培養検査(陽性のことがある)、場合によって人工関節の緩みの出現 

 5)治療
    一度、人工関節周囲に感染が起きると治癒までに相当の時間がかかります。

 6)整形外科医の感染予防に対する工夫
    手術を行う場合には手術室で最も清潔度の高いクリーンルームで手術を行い手術に
   着る服も、ヘルメットを頭から被り宇宙服にようなものを用いています。
    他にもさまざまな工夫で手術後の感染症が出現しないよう努力している。

 7)日常生活で注意点
   @栄養状態の低下は、免疫の低下に繋がりますので、日頃よりバランスのとれた食事を
    行う。
   A十分な睡眠
   B定期的に血液検査を行い、糖尿病などのチェックも必要だと思います。
   C歯の場合は人工股関節置換術を受けられた患者さん1万人あたり4〜7人の方が人工関節
    周囲での感染を起こす可能性があるという佐賀大学の報告があります。
   D爪周囲などの感染や肺炎、尿路感染症などの場合には早めに専門医を受診して抗生剤の
    投与を受ける
   E術後、股関節に痛みが急に出現した場合や、股関節や大腿部の痛みが継続する場合は
    主治医に相談する。

 8)最後に

          
NPO法人のぞみ会 第14回総会(2016年)

  日時 2016年6月19日(日)13時 
  場所 戸山サンライズ(東京都新宿区)
  出席者数:109名  書面表決者数:29名  委任状出席者:2615名 
  合計:2753名  (会員数 5528名)

  理事長の挨拶の後、理事会で互選された議長と副議長により各議案を審議し、いずれも
 原案通り可決決定しました。
 

体験記

  「良かった」こと   東京都 宮尾さん (60歳・女性)
  「もう、手術しかないな!」  東京都 K・Nさん(50代・女性)


地区便り
 ☆浜松地区交流会報告   静岡県 SKさん記

 ☆地区会・交流会だより 〜支部がない地域の活動情報〜  ◇あゆみの会◇
   活動を始めて17年になります。会員は20名です。浜松市で3〜4回交流会を
  開いています。とても楽しいおしゃべりの会です。

  日時:9月4日(日)13:00 〜 16:00
  場所:浜北文化センター  第3練習室(1階)
     浜松市浜北区貴布弥291-11  пF053−586-5151
  交通:遠州鉄道  浜北駅より徒歩7分
  駐車場:333台(無料)
  参加者:初参加の方のみ300円   *飲み物は各自ご用意ください。
  問い合わせ:本部 03−5272−0745


第39回および第40回理事会報告

30周年記念誌「専門医からのメッセージ」にたくさん応援の
お言葉をお寄せいただきました。
 
  会報では23のコメントを紹介。その他にも皆さんの励ましの言葉がありました。

            
たくさんのご寄付をありがとうございました。
 
  ・北海道えにわ病院理事長  増田 先生
    増田先生から、ご退任にあたり「股関節症40年に感謝して」との一文を添えて
   多額のご寄付を賜りました。

  ・「専門医からのメッセージ」よりのご寄付
    「専門医からのメッセージ」に添付した「ご寄付のお願い」に対しまして、突然の
   お願いにもかかわらずたくさんの方からのご寄付をいただきました。

    7月20日現在854名 3,189,020円 でした。皆様のご協力を得たことは大変心強く、
   「のぞみ会」の運営を続けていく上で大きな励みになります。


「障害者団体定期刊行物協会(障定協)」の総会に出席
 
   5月15日の障定協総会にのぞみ会から2名出席。障定協は障害者団体が発行する定期
  刊行物(のぞみ会の場合は会報「のぞみ」)の郵便料金第三種郵便物として、低料金で
  できるなど障害者団体の活動を支援しています。当日は障定協に加盟する団体のうち
  22団体が出席。事業報告並びに事業計画の後、厚生省担当者、日本障害者フォーラム、
  障定協による「障害者郵便問題協議」について報告がありました。以下略。 SMさん記


皆様からの原稿を募集します
 
  テーマ:「変形性股関節症と寒い季節の過ごし方」
  締切 :2016年9月30日(金)必着です。800字程度 メールでの受付もOKです。
  その他、詳しくは会報をご覧ください。

         

                                 (文責SK)


このページの先頭へ 
No. 117(2016・4・1)

  特集 「電話による医療相談」 ぴっくあっぷ 

                               2015年5月 〜 12月
相談に答えてくださった先生方 (順不同)
坂本 優子 先生 (順天堂練馬病院)
金子 博徳 先生 (北里研究所病院)
山本 謙吾 先生 (東京医科大学病院) 
崔  賢民 先生 (横浜市立大学病院)
岸田 俊二 先生 (千葉大学附属病院)
武田 健太郎 先生 (さいたま市立病院)
辻 荘市 先生 (聖路加国際病院) 
1)    人工股関節の手術をしましたが、ステムの先に骨が巻きついていると言われました。 Fさん(72歳)
徳島県
2)   変形性股関節症で手術を予定していますが、大理石病をもっているので心配です。 Iさん(42歳)
神奈川県
3)   膝の裏に鉛がはりついたような重い違和感と足の裏のガサガサが気になります。 Iさん(78歳)
埼玉県
4)   骨髄炎を患ったことのある患者ですが、人工股関節置換術を受けた症例を知りたい。  Nさん(65歳)
千葉県 
5)   5年前に人工股関節の手術をしました。いまだに傷口と足に痛みがあります。(レントゲン写真を見ての回答です。) Oさん(70歳)
三重県 
6)   固定術を40年以上前にしました。最近膝が痛くなり、膝の手術と股関節の手術のどちらを先にした方がよいか悩んでいます。  Sさん(62歳)
千葉県 
7)   5年前に右脚の人工股関節置換術をしました。最近痛みが発生し、その痛みが取れません。  Tさん(64歳)
東京都 


電話医療相談の利用者集計

  2015年5月〜12月 都道府県別と年齢別に表記しました。会報をご覧ください。


2016年30周年 〜 30周年によせて 〜

☆「追憶」のぞみ会の30年  のぞみ会設立者 前理事長 吉田和子さん
☆タックシール 千葉支部 高橋さん
☆のぞみ会と出会って 中部支部 高橋さん
☆ともに歩んだ30年 理事長 高野さん
詳しくは会報をご覧ください。

のぞみ会30周年記念 「専門医からのメッセージ」
 39名の股関節専門医の先生方からご寄稿いただきました。5月初旬に会員の皆様にお届けします。どうぞお楽しみに!

2015年の会員数
         

                                 (文責SK)


このページの先頭へ 
No. 116(2016・2・4)

  寄稿 下肢障害者は災害にどう対処すればよいか

                          東北福祉大学 教授 阿部 一彦 先生
             仙台ポリオの会会長、社会福祉法人仙台市障害者福祉協会会長ほか 

 先生のプロフィールは会報をご参照ください。
1. はじめに  約35年周期で発生している宮城県内では防災への関心が高く、障害者当事者団体も様々な取り組みを行ってきた。障害種別団体ごとに支援の必要性や災害時の対応について検討したり、シンポジウム等を通じて障害別のニーズを発信した。仙台市障害者福祉協会でも総合防災訓練に参加したり、災害時障害者専門ボランティアの育成・登録、関係者への防災意識の啓発に取り組んできた。これらの取り組みは東日本大震災で生かされたが、十分でなかったものもあった。そこで、今後の災害にどう対処したらよいのかについて、検討を深めたい。
2. 災害を意識した
  日頃の備え
 詳しくは会報をご覧ください。
3. 指定避難所・
  福祉避難所 
 詳しくは会報をご覧ください。
4. おわりに  災害時にどのような困難が予想さえるかについて、行政や地域の人々に発信するのは私達の役割である。災害時に、より安全で安心した生活を送るために、平常における暮らしやすいまちづくりが大切である。災害時の対応は平時の対応の延長である。誰もが暮らしやすい共生社会を作ることが重要である。障害がある私たちが必要な配慮を地域社会に発信することが重要なのだ。
 東日本大震災を契機に、人々に、絆、つながり支え合い、信頼関係の大切さが意識されている。これらを一時的なものにすることなく、日本の社会全体に定着させることが重要だ。加えて、今後の災害に対して、障害理解や障害者理解を図りながら、防災・減災に向けた意識啓発を発信していくことが重要である。そのとき、障害者差別解消法(2016年4月施行)等を私たちも十分に学び、活用する必要がある。同法は地域社会を変える強力なツールである。


募集原稿  災害のとき、わたしは・・・
  
 1)災害に遭って思うこと ・・・ 千葉県 C・I さん (50代)
 2)東日本大震災の日に ・・・・ 千葉県 井坂 さん (60代)
 3)東日本大震災の日 ・・・・・ 埼玉県 川崎 さん (60代)
 
 囲み記事  のぞみ会本部での「避難訓練」の様子の報告 (小黒 さん)
 

地区会・交流会だより 〜 支部のない地域の活動情報 〜

 「浜松地区交流会の」のお知らせ  詳しくは会報をご覧ください。


第38回理事会報告  2015年11月28日(土)開催

 主な決定事項
  1)第1号議案  支部本部連絡会について
  2)第2号議案  支部アンケートの結果から
  3)第3号議案  役員改選
  4)第4号議案  定款の変更

 報告事項
    30周年記念の「専門医からのメッセージ」の進捗状況

  詳しくは会報をご覧ください。


体験記  
  ・5年半後の再置換   兵庫県  柿本 さん(70歳)
  ・高齢で人工股関節の手術を受けて  東京都  中原 さん(81歳)

  詳しくは会報をご覧ください。


情報をお待ちしてます!  
  ・長野県  矢野 さん 
        「アレルギーと痛みについて」
          どなたか、どんなことでも教えてください。
  

お便りコーナー 
  ・東京都  M・Y さん (60代 女性)
  ・千葉県  有井 さん (67歳・女性) 「創造美術界」の初の女性代表
          「創造展」は6月11日より東京都美術館で開催予定。

                                 (文責SK)
このページの先頭へ 
 No. 115(2015・11・12)

  医療講演会 変形性股関節症の治療
          ー 保存と手術について ー 

                             2015・6・21 於:戸山サンライズ
                東京都済生会中央病院 整形外科医 医長 矢吹 有里 先生

 先生のプロフィールは会報をご参照ください。
1. 変形性股関節症とは ・変形性股関節症の原因、股関節脱臼、変形性股関節症
2. 治療方法
 1) 保存療法





 2) 手術療法
  2.1) 骨きり
    (骨温存術)


  2.2) 人工股関節
      置換術

・筋力トレーニング
  特に重要な筋肉群の名称と位置、中殿筋が衰えるとトレン
 デレンブルク歩行、中殿筋の訓練、大腿四頭筋の訓練
・杖の使用
・薬物療法


・RAO(寛骨臼回転骨切り術)
・外反骨切り術
・内反骨切り術

・人工股関節の仕組み
・ゆるみ
 人工関節の最大の課題(原因と最新状況)
・脱臼
・感染
・血栓症
・人工股関節の生存率(耐用年数)
・金属アレルギー
3. 手術を受ける
     タイミング

・自分が納得して手術を受けたいと思ったとき
4. 治療法を選択する時
 皆さんに伝えたいこと
・QOL(生活の質)について意識する
・不安の原因を探る
・他人の意見やメディアの情報に惑わされない
・自分の意見をしっかり持つ
・自分の望み=理想的な結果・なりたい自分を知る
・人との縁(出会い)を信じる
・信頼関係を築く
・変化を恐れない

(質疑応答)
 11項目について質問応答がありました。本要約ではキーワードのみを下記に記します。
詳しくは会報をご覧ください。

 (キーワード)
   膠原病、アクアラ(MPCポリマー加工したポリエチレン)、早歩きと骨盤のゆがみ、
   骨盤底筋と尿漏れ、空港の検査場で、血栓とむくみ、ゆるみ、薬の使用、
   サプリメントの効果、金属アレルギーと湿疹、骨嚢胞(こつのうほう)の進行、
   扁平骨頭、骨棘、手術の時期、痛みと可動域


全会員アンケート結果(2015年2月実施)
  
 会員数5400名(2015年2月現在)のうち回答数986通(回答率18%)
 ・年代・性別・入会の動機・地域・手術経験・手術の種類、現在ののそみ会活動の、
 ・医療講演会・電話医療相談・交流会・「のぞみ」会報・その他のコーナーには
  意見を入れていただき、その結果をまとめました。

  詳しくは会報をご覧ください。


地区会・活動だより 〜 支部のない地域の活動情報

 東京都「世田谷区会」  詳しくは会報をご覧ください。


支部活動報告 ポールウォーキング  千葉支部長 中村さん

 全日本ノルディック・ウォーク連盟インストラクター、骨・関節症アドバイザー 坪井さんを
講師に迎えて映像や講演のあとで、ポールを持った準備運動と全体運動について、坪井さんの「メディカルポールウォーキング」の文章を引用しながら紹介しました。
                                    
                                 (文責SK)
このページの先頭へ 
 No. 114(2015・8・21)

  寄稿 先天性股関節脱臼(発育性股関節形成不全)と
                  変形性股関節症 

              松戸市立病院リハビリテーション科 部長 
                         小児股関節医  品田 良之 先生

 先生のプロフィールは会報をご参照ください。
 この要約では、項目のみ記載します。詳しくは会報をご参照ください。
 
1. ー先天性股関節脱臼と変形性股関節症の関係について ー
 乳幼児期に脱臼と同様にこの『気づいていなかった臼蓋形成不全』に関しても発見できれば、多くの方を変形性股関節症から救える可能性がある。
 2. ー「先天性股関節脱臼から発育性股関節形成不全(DDH)へ」名称の変更について ー
 脱臼は必ずしも生まれる前から先天的に脱臼しているのではなく、生まれてから生じるケースが多くあることがわかった
3. ー脱臼・亜脱臼の治療ー
 早期に発見すること。整復するときに骨頭壊死を生じさせないように注意すること、また、その後に遺残する臼蓋形成不全に適切に対処することがポイントです。 
4. ー「気づいていなかった臼蓋形成不全」についてー
 脱臼や亜脱臼がない 『気づいていなかった臼蓋形成不全』が後の変形性股関節症の多くを占めています。
5. ー乳児股関節検診と予防ー
 6つのチェックポイントに対し、それぞれ点数を付けて、合計点数が2点以上の場合はX線を撮影するという選択的撮影方式(通称「松戸方式」)です。
その内訳は
 @クリックサイン:3点 A開排制限:2点 B家族歴:1点 
 C大腿皮溝の非対称:1点 D性(女児):1点 
 E分娩時胎位(骨盤位・横位):1点
抱き方は、向かい合わせで股を開いて抱っこをする「コアラ抱っこ」を推奨
 6. ー最後にー
 一度、生後3、4ヶ月時に、股関節のX線を撮っていただくことをお勧めします。それによって、脱臼や亜脱臼だけでなく、幼小児期に発見しづらい臼蓋形成不全が見つかる可能性があります。 


NPO法人のぞみ会 第13回総会 (2015年)
  日時 2015年6月21日(日)13時
  場所 戸山サンライズ(東京都新宿区)
  出席者数:152名  書面表決者数:47名  委任状出席数:2667名  
  合計:2866名 (会員数 5565名)
  
  理事長挨拶の後、理事会で互選された議長と副議長が選任され、議事の審議に入った。
 以上の内容に関しては会報をご覧ください。


支部本部連絡会報告
  2015年6月20日(土)14時から 於:戸山サンライズ
  討議内容、本部よりの説明、支部本部連絡会参加者名(本部委員14名を含め計43名)
 いずれも省略します。会報をご覧ください。


支部紹介   岡山支部   支部長 早津 聰子(ホームページの岡山支部に掲載)


体験記   
   4回目の人工股関節手術を終えて    宮城県 豊田さん (73歳)
   両側同時人工股関節置換術を終えて  東京都 小出さん (59歳)


第36回及び第37回理事会報告
   いずれも会報をご覧ください。


水治療法室の存続の声が届きました!  ラッコの会 柵木さん


「メダカの会」会員募集  (毎週火曜日)東京都国立市 宮崎さん


原稿募集します 「災害の時、わたしは・・・」
  ★実際に災害非難を経験されたお話
  ★非難ではないが、影響を受けたお話
  ★災害に備えてのアドバイス  
  ★それ以外の小さなエピソード
  字数 800字程度
  お名前、会員番号、連絡先の住所、電話番号、年齢を明記
  (会報ではペンネーム、イニシャルでの掲載も可能)
  原稿締切  2015年9月30日 (水)必着
  2016年2月発行の「のぞみ116号」に掲載予定         

                                 (文責SK)
このページの先頭へ 
 No. 113(2015・4・2)

特集 「電話による医療相談」 ぴっくあっぷ 

                          2014年5月 〜 12月
相談に答えてくださった先生方 (順不同)
武田 健太郎 先生 (さいたま市立病院) 
松田 達男 先生 (JCHO東京新宿メディカルセンター
岸田 俊二 先生 (千葉大学附属病院) 
辻 荘市 先生 (聖路加国際病院) 
池 裕之 先生 (横浜市率大学附属病院)
金子 博徳 先生 (北里研究所病院) 
矢吹 有里 先生 (東京都済生会中央病院)
1)    人工股関節手術を受けるにあたって、両脚同時か片脚からがよいか迷っています。 Aさん(58歳)
東京都 
2)    小さいときに左脚自骨手術をしましたが、人工股関節にしたくありません。現在痛みは落ち着いています。 Hさん(54歳)
千葉県
3)   右脚人工股関節置換術をして、術後10年経ちますが、痛みで歩けない時があります。  Kさん(83歳)
東京都 
4)   右脚人工股関節置換術後の麻痺についてお伺いします。  Nさん(64歳)
神奈川県 
5)   人工股関節置換術後に金属アレルギーになりました。 Sさん(62歳)
三重県 
6)   人工股関節置換術後のあと神経麻痺が残りました。もう片方の脚の手術が心配です。  Yさん(57歳)
鹿児島県 


体験記 
 私の挑戦人生     千葉県 井坂さん (60代)
 再置換術の顛末記   東京都 富山蜃気楼さん (80代)

お便りコーナー 
 秋田県 伊藤さん(60代)

交流会の紹介 

◇「茨城県 情報交換会」
 2012年に開かれた「出張のぞみ亭 in 水戸」をきっかけに交流の輪が続いています。お近くにお住まいの方、一緒におしゃべりしませんか。
  ・活動内容: 情報交換会 年2回(8月と3月)
  ・問い合わせ: 本部事務所  03−5272−0745

◇「スキップ」
 のぞみ会の女性会員限定の会です。
40代が多く、東京、埼玉、千葉在住の方が主です。遠方の方もいらっしゃいます。メンバーの居住地が広範囲のため、会報を通じての交流がメインの会です。会えなくても同じような境遇の仲間がいることがお互いの支えになっています。
  ・活動内容: 会報 年2回発行、 親睦会 年1回
  ・会費  : 1,000円(のぞみ会会費とは別に必要です。)
  ・問い合わせ: 本部事務所  03−5272−0745

         

                                 (文責SK)
このページの先頭へ 
No. 112(2015・2・5)

寄稿 「人工股関節再置換術について」 

              湘南鎌倉人工関節センター 整形外科 医長 齋藤 彰 先生

 年々進歩している人工股関節、耐久年数も以前のものと比べて延びていると聞いています。でも、人工股関節を入れている人たちや手術を受けようか迷っている若い世代の方にとって、再置換の問題は大きな関心事です。今回は齋藤彰先生に様々な症状での再置換について教えていただきました。

 先生のプロフィールは会報をご覧ください。
 先生の書かれた項目のみを記載します。
1. 人工股関節置換術の実際
(1)部品の交換のみの手術
(2)骨に挿入されているインプラント抜去を伴う手術(4枚のレントゲンあり) 
 2. 人工股関節置換術の術後 
3.  人工関節再置換手術の要因
(1)インプラントの問題
(2)初回手術の外科技術上の問題
(3)患者さん側の問題
4.  最後に


特集 「わたしが手術を決断するまで」 
 この要約では、お名前(年代)と本文の表題のみを揚げます。
1) 人工股関節置換術に踏み切ったきっかけ  東京都 山口さん (60代)
(前方進入法により術後4日目で退院)
2) 30代での人工股関節手術について    東京都 双葉さん (30代)
3) 手術へのきっかけ   北海道 佐藤さん (50代)
4) 両人工股関節置換術を決断するまで  東京都 溝呂木さん (60代)
 5) わたしが手術を決断するまで   群馬県 川瀬さん (40代)
6) 臼蓋棚形成術を選択して  東京都 TKさん(40代)
 7) 人工股関節置換術に踏み切ったきっかけ  和歌山県 大場さん (60代)
8) 私が手術を決断するまで  大阪府 金子さん (50代)
9) わたしが手術を決断するまで  東京都 原嶋さん (60代)
10) 固まった気持ちが溶ける時 東京都 YKさん(50代)


第35回理事会報告  2014年11月15日(土)開催

 主な決定事項
  1)第1号議案  30周年記念事業(2016年)について
  2)第2号議案  のぞみ会の今後のあり様について
 詳しくは会報をご覧ください。


第4回「出張のぞみ亭」報告  in 高崎市

 ・初めての出張のぞみ亭  渋川市  保科さん
 ・本部スタッフとして参加して    川崎さん
 ・参加者の声(アンケート)
  

第41回 日本股関節学会学術集会   市民公開講座の報告

 挨拶 杉山肇 先生 (神奈川リハビリテーション病院
             / 東京慈恵会医科大学 整形外科)
 司会 中村正則 先生 (昭和大学横浜北部病院)
    久木田隆 先生 (くきた整形外科クリニック)

 講師 高平尚伸 先生 (北里大学 医療衛生学部)
    宍戸孝明 先生 (東京医科大学 整形外科)
    青田恵郎 先生 (福島県立医科大学 整形外科)
    羽山哲生 先生 (東京慈恵会医科大学 整形外科)


会員の皆様へのアンケートのお願い  のぞみ会 理事長より


         


                                   (文責SK)


このページの先頭へ

 
No. 111(2014・11・13)

講演 人工股関節治療最前線 
   −手術手技と材料の進歩からみた手術適応−

                        2014年6月29日 於:戸山サンライズ
               船橋整形外科病院 人工関節センター長 老沼 和弘 先生


 股関節周囲の筋肉を切らずに人工股関節を設置する前方進入法(Direct Anterior Approach : DAA)の日本におけるパイオニア、老沼先生に最新の手術法やメリットについてパワーポイントを利用してわかりやすくお話ししていただきました。
先生のプロフィールと所属学会については会報をご覧ください。

1. 変形性股関節症とは 
・人工股関節の原因疾患 (日本人工関節登録調査より、2006−13)
2. 治療法 
3. 僕が骨切しない理由 
4. 人工股関節置換手術
・人工股関節は、大腿骨側に入れるステムと、骨頭と、カップと、ライナーの4っつの部品からできています。 
 5. 人工股関節の一般的な常識
・15年から20年の耐用年数、術後は運動制限
・輸血は必須、手術は大手術
・リハビリが大変、通常歩行まで最低数ヶ月
・両側同時なんてとんでもない
・入れ替えの手術(再手術)は初回より大変
6. 一般人の入手可能な知識の落とし穴
・40年もつということは40年経たないと言えないわけです。皆さんが得ている知識は相当前の知識だということです。 その点、口コミは非常に有用で、情報源として一番正しいのではないかと思います。
 7.  ポリエチレン(PE) の開発により延びた耐用年数
・摩耗しないPEの開発ー超高分子量PEを用いたクロスリンクPEー
・PE表面に着けた軟骨類似の膜を開発実用化(商品名アクアラ)
8. 患者さんの例(3名) 
9. 術後のスポーツ復帰
・当院のデータでは、体操、ウォーキング、水泳、ジョギング、ゴルフ、登山、ダンスなど、激しいスポーツはないのですが、術後4.4ヶ月くらいで8割の方が満足して、いい感じにスポーツ復帰しています。
10.  健康寿命 
11.  手術の際の輸血 
・当院での片側人工股関節置換術では、9割ぐらいは無輸血です。「この人は出血しそうだな」という患者さんのみ200〜400ml採っているだけです。
12.  股関節進入法とリハビリ・脱臼
・まとめますと、20世紀の主の股関節進入法は後方法と側方法です。後方法は、早期に荷重ができるが、色々な筋肉「短外旋筋群」を切除するため、術後の姿勢の制限が必要だと言われます。側方法は中臀筋をいったん切り離してからもう一度縫うので、あまりに早期に荷重しすぎると、中臀筋の縫合不全を起こしてしまう。その結果、術後の踏ん張りが利かなくなることが多い。側方法のいいところは、短外旋筋群を切らないので、世界的にも脱臼率が後方法よりも非常に少ないと言うデータは出ています。
・僕は、手術をなるべく侵襲を少なくし、患者さんの体への影響を少なくするためには、進入法自体を見直さなければいけないと思いました。
・2003年、2004年の頃ですが、その目で世界を眺めてみますと、筋肉と腱と骨をまったく切らないで人工関節を入れている、前方進入法というものがあったのです。
・僕が2004年にやった時には世界でも早い段階で始めたことは間違いないですね。2005年からは非常にたくさんの前方進入法の論文が出てきて、かなりメジャーになたのではないかと思います。
・フランスのジュデー先生という方が前方進入法をやっていまして、2004年に、僕はその先生の手術を見に行ったのが最初です。この人のおじいちゃんの代から前方進入法をやっていて、この先生は手術が非常に上手で、筋肉を分けるだけで人工関節が入ってしまった。「あれ?」という感じで見てきたことを覚えています。このことがきっかけで前方進入法を開始したということです。
・2004年の8月に、前方進入法で手術した患者さんは、手術時間89分で、非常に長くはかかっているのですが、術後2日で歩けるのです。10年前ですが、術後2日で歩くというのは革命的な手術方法だと、そん時思いました。
・最近の術後のスケジュールでは、当日は寝返りは自由で、5時間以降は飲み物を飲んでいい、翌日から歩く練習を開始、3日目にはシャワーOK、術後4日目に退院。両側例は6日目に退院する速さです。3週間以降はどのような恰好をしてもいいといってます。3ヶ月後にはスポーツに復帰してもいいことになっています。
・前方進入法では、筋肉を切らないことが非常に重要なポイントです。
13.   両側同時置換術
・前方進入法では両側同時ができるのではないかと10年間前に始めてみました。
・側方法や後方法は横を向いた手術なのです。横を向いた手術で両方やるためには、一度ドレープという布を全部はがして、もう一度消毒しなおして反対向きに体位を変える必要があり、結構大変なのです。ところが前方進入法では、手術時、仰臥位ですから仰臥位のまま両側できてしまいます。両側同時には、前方進入法は有利だと思います。
・両側同時手術のメリットは入院期間やリハビリ期間を短縮して、医療費も削減する。さらに社会復帰までの期間を大幅に短縮できる。片側例と比較すると、手術の合併症に有意差はありません。
14.  入れ替え(再置換)
・人工関節を入れた患者さんの多くは「擦り減ったら大変だ」と心配して歩数制限したり、好きな運動もあきらめたりとしているわけですね。私としては、擦り減ったら交換すればよいし、擦り減ることなんてあるのかなと思いますね。最初の手術が適切に行われた場合の再置換はレーシングカーのタイヤ交換の感じですね。「タイヤ、そろそろ交換しましょう」と言う感じなのです。
・「常識と考えている」ようなものは大抵の場合は若いころに身に着けた偏見のコレクションである」(アインシュタインの言葉)ということで、常識とは日々変わるものなのです。常識だからと行って正しいとは全く限りません。 
・2005年から仰臥位前方進入法の論文はたくさん出ています。筋肉への侵襲が非常に少ない、術後の痛みが少ない、出血量が少ない、しかも回復も早い。しかし、前方法にも欠点があります。習熟するのに時間がかかる。20例から40例、100例くらいやらないと習得できない。実績のある先生はあえてリスクを冒してまで進入法を変えないのです。
15.   前方進入法人工股関節による尿失禁改善効果
・当院では、手術前に3割くらいの人が「尿失禁がある」と答えて、その57%が改善したということでした。
16.   最後に「患者学」について、いい治療を受けるためには患者自身が学ばなければいけない、勉強し続けてください。「のぞみ会」を通じてどんどん勉強され医療サイドへプレッシャーをかけて頂ければ幸いです。

 <質疑応答>13項目の質問があり先生は丁寧に回答されていましたが、詳しくは会報をご覧
       ください。


医療講演会のアンケートの結果 
 住所、年齢、会員になった年数、手術の有無と手術の種類、講演内容、その他のご意見、「会報のぞみ」について、の結果が記載されえいますが、ここでは割愛します。会報をご覧ください。


お便りコーナー
・ディズニーランドを楽しむ   千葉県  粟田さん


                                   (文責SK)


このページの先頭へ

 

No. 110(2014・8・21)

寄稿 細胞シート再生医療技術が拓く革命治療の扉

                  東京女子医科大学 先端生命医科学研究所
                  客員教授チーフメディカルイノベーションオフィサー
                        江上 美芽 先生

 今、注目の再生医療について、皆さんはどんな知識をお持ちでしょうか?股関節症の治療に直接役立つようになるのでしょうか? 今回は江上先生に再生医療の現状について教えていただきました。
 先生の略歴と受賞については会報を参照願います。

 ここでは項目とテーマのみを示します。

 1.細胞と幹細胞:
    ・細胞はミクロな精密工場
    ・幹細胞とは?(幹細胞とは、多様な細胞になる能力を持ち、なおかつ自分自身を
            複製することが出来る細胞)幹細胞の種類など
 2.再生治療とは:
 3.細胞シート再生医療とその臨床応用:
    ・培養細胞を無傷で取り出す?
    ・始まっている細胞シート再生治療の臨床試験  
    ・口腔内粘膜細胞シートで見えない角膜上皮を治す
 4.軟骨細胞シート再生治療:
    ・細胞シートによる膝関節軟骨の再生治療
 5.再生医療の実用化に向けた国家体制:
    ・再生医療推進法公布と関連2法の成立(2014年11月までに施行)

 関連大学紹介
  東京女子医科大学(先端生命医科学研究所)
  東海大学医学部(細胞シート再生医療)
 
 のぞみ会理事長のコメント:
  一度破壊された軟骨は再生されないと聞いていましたが、文中にあるように膝関節の
 硝子軟骨が再生されたことを知り、驚きと感嘆の声が上がりました。(硝子軟骨は健常者と
 同じ重力に耐えられる)江上先生によれば「股関節は荷重も大きく、現段階では細胞
 シートの挿入などの困難もあるが、今後の研究課題である」とのこと。夢の再生医療が
 股関節症の患者にも適応できる日が来ることを願って注目していきたいと思います。 

NPO法人のぞみ会 第12回総会 (2014年)
  日時 2014年6月29日(日)13時
  場所 戸山サンライズ(東京都新宿区)
  出席者数:157名  書面表決者数:41名  委任状出席数:2821名  
  合計:3019名 (会員数 5812名)
  
  理事長挨拶の後、理事会で互選された議長と副議長が選任され、議事の審議に入った。
 以上の内容に関しては会報をご覧ください。

支部本部連絡会報告
  2014年6月28日(土)14時から 於:戸山サンライズ
  討議内容、本部よりの説明、支部本部連絡会参加者名(本部委員15名を含め計43名)
 いずれも省略します。会報をご覧ください。

支部紹介   千葉支部   支部長 中村光子
  皆さんお元気ですか。千葉支部は16番目に発足しました、早いもので8年目になります。
 千葉地区は5地区に分かれて活動しています。食事とおしゃべりやリハビリ、バス旅行、
 ウォーキング、お泊り会、DVD勉強会、動物園でバーベキュー、お花見などなど・・・・
 ユニークな活動大歓迎です。基本的な支部活動として、医療講演会やリハビリテーション
 講演と実施、また年2回の支部報「なの花」の発行、そして各地区をまわって開催して
 いる「なの花サロン」があります。これはなるべく多くの方に参加して欲しいことから
 始まりました。

  今年の医療講演会では先生に私たちの日頃からの疑問に答えていただきました。
 約1年かけて会員の皆さんから質問を集めました。日頃の診察では聞けないことや、最新の
 情報、こんなこと聞きづらいなぁーということを集めました。先生はひとつひとつ丁寧に
 答えてくださいました。9月発行の支部報「なの花」にまとめますので、どうぞお楽しみに。

  千葉支部では今年からホームページを始めました。きれいなお花がたくさん載っています。
 本部のホームページからも見られます。

  これからも小さな交流を大切に活動していこうと思っております。

  (付記)会報95号から続いてまいりました「支部紹介」は今回の千葉支部をもちまして、
      16支部を一巡し終了いたします。
 

第33回及び第34回理事会報告
  会報をご覧ください。

病院訪問記(34)

   松戸市立病院に水井さんを訪ねて
   国保 松戸市立病院: 千葉県松戸市上本郷4005番地
   交通: JR常磐線・地下鉄千代田線 北松戸駅下車 東口より徒歩10分
       新京成線 上本郷下車徒歩10分
       JR松戸駅東口より新京成バス(県立松高前行)

お便りコーナー
   ・歯にインプラント入れ、壊れた体に   長野県 矢野さん
   ・水治療法室の存続のために奔走しています  
                     ラッコの会(東京都世田谷区) 柵木さん

第4回 「出張のぞみ亭」
   開催日時: 2014年10月19日(日) 13:00 〜 16:30
   場所  : ニューサンピア高崎 3階集会室(浅間B)
   問い合わせ: 本部事務所
   
   群馬県内の会員の方には、8月下旬に案内の往復葉書をお送りします。
  また、会員外の方の参加もお待ちしております

  
                                   (文責SK)


このページの先頭へ

No. 109(2014・4・3)

電話による医療相談 ピックアップ 

 2013年4月 〜 2013年12月
 相談に答えてくださった先生方(50音順)
  阿部 功 先生 (千葉医療センター 
  伊藤 英也 先生 (日赤医療センター)
  金子 博徳 先生 (北里大学北里研究所病院)
  金 潤澤 先生 (埼玉医科大学病院 )
  小寺 正純 先生 (杏林大学病院)
  坂本 優子 先生 (順天堂大学練馬病院)
  藤田 貴也 先生 (東京医療センター 

 ここでは質問のみを紹介し、先生との一問一答については会報をご覧ください。
ピックアップ特集は担当の先生のご校閲、相談者のご了解を得て掲載しています。

1)   4歳の娘の手術を勧められました。心配です。
大阪府のSさん
(4歳の娘の相談)
2)  レントゲン写真では骨頭が丸いのに手術をすすめられて迷っています。   東京都のKさん
(55歳) 
3)   人工股関節置換術後にゆるみがでて痛みがあります。再置換手術をすすめられていますが、悩んでいます。  山形県のIさん
(55歳) 
4)  左脚変形性股関節症の末期です。両脚の脚長差をそろえることが出来ますか?また、人工股関節の耐用年数を教えて下さい。 奈良県のOさん
(57歳) 
5)  人工股関節置換術の手術を受けようと思っています。その際の骨移植についてお伺いします。 鹿児島県のMさん
(50歳)
6)  臼蓋側に空洞ができました。痛みがなければ、再置換手術はしなくてもよいのでしょうか。 静岡県のNさん
(74歳) 

支部紹介 北陸支部 支部長 田保 茂子

 2007年4月、福井、石川、富山の北陸3県が集う支部として発足しました。
初代支部長、荒井さんのネットワーク作りへの並々ならぬ熱意と、本部の支援により、15番目の支部として実を結びました。
 北陸各地に広がる会員がつながりを感じられる支部運営を心がけて、年間活動の支部報告会、交流会の開催場所を3県に分け、支部報の表紙は3県の景色の写真を用いてきました。運営委員も各県の方々にご協力を願い人数を多くしています。それぞれが地域、家庭での役割をもつ年代であり欠席しやすい(?)ように・・・のつもりでしたが、出席率は良好、元気な証拠とばかりに喜びあってお互いに知恵やら思いやらを出し合い何よりも楽しく柔軟に気張らずに続けていきたいと思っています。
 
 金沢兼六園近くの石川県社会福祉会館を運営委員会の定例会場としています。日時が合えば是非遊びにお立ち寄りください。お茶程度ですが、おもてなしの心で歓迎します。

 直近(2013年11月)の支部会員数は82名となっています。インターネットなどで医療情報を入手できる機会も多くなっているためか、報告会や交流会への参加者は減少気味です。どんな情報提供に集まりに参加意欲がわくのか、高齢化もさることながら日々の暮らしの中で決まった日時と場所への参加も難しいでしょうか。
そんな中もっと自由度の高い集まりが出来ないかと「ミニ交流会」を企画しました。簡単なルールを設けて気の合う会員の皆さまが思う時に好きな場所で集い、情報交換や親睦を深める機会をもうけ、新しい会員を迎えたり今後の活動のヒントを発見できたりしたらとの思いです。試行錯誤の段階ですが。

人工関節置換後の障害認定基準が変わります!

 これまで人工股関節及び人工骨頭置換術を受けた人は一律に「下肢障害者4級」と認定されました。術後のADL(日常生活動作)が大幅に改善され「日常生活が著しい制限を受ける程度であると認められるもの」
に必ずしも該当しないなどの理由により、2014年4月1日より肢体不自由の障害認定基準(会報をご覧ください)が見直されます。現在の投球で手帳を持っている人は、見直しはありません。

<見直し後の新基準の注意事項>
 ☆人工関節、人工骨頭の置換術を行った人が対象
 ☆置換術後の経過が安定した時点での機能障害の程度により認定
  (病状の経過などにより、それぞれの事例で判断可能な時期以降認定)
 ☆2014年4月1日以降の申請から見直し後の認定基準の対象
  (ただし、2014年3月31日までに診断書・意見書が作成され、6月30日までに申請があれ
  ば従前の基準で認定)
      参考

病院訪問記(33)  東京医療センターに大垣さんを訪ねて

  会報をご覧ください。

体験記  小さな三角形の隙間を希望に変えて  東京都 中野さん

東京都内で活動している地区会のご案内


 
支部の無い都県ということで、今回は東京都内の地区会をご紹介します。 詳しくは本部事務所にお問い合わせください。

地区 代表者 活動内容
世田谷 古牧 指導員付 水中運動1時間半/週1回
杉並 木村 指導員付 水中運動1時間半/月2回
江東 鳥海 リハビリ(床上、ビデオの運動)懇親等
足立 年3回の交流会
練馬 伊藤 練馬区を中心に年4回、食事会
大田    本部事務所にお問い合わせください 
 多摩南 下村  毎週火曜、指導員付、床ストレッチ等 

  
                                   (文責SK)


このページの先頭へ